大阪で処方されたバイアグラに助けられました

ストレスで男性機能に問題が生じました

大阪で一人単身赴任をしていた時、私はあまりのストレスで男性機能に問題が生じました。
初めは疲れやアルコールの飲み過ぎが原因だと思っていましたが、やがてそれは男性機能低下の再発だと気が付きました。
というのも、私は以前にも男性機能の相談をしたり治療を受けた経験があるからです。
単身赴任中は異性と交わる機会が少なかったので、すっかり油断して体の変化に気が付かなかったと思いました。
その頃は仕事仕事の毎日でしたから、体の疲れに目を向けずに労らなかったり、再発しないと油断していたのは今にすれば後悔の一つです。
事態が深刻で男のプライドが危険に晒されていると理解したのは、久しぶりに風俗に足を運んだ時でした。
最初は気分が高揚して股間が疼きましたが、その後はどうやっても元気にならず、焦りばかりで頭が真っ白になったことを覚えています。
後の方になると記憶が飛んでいて、思い出せないどころか思い出したくないとさえ感じます。
しかし以前の経験と薬の力を知っていましたから、悔しさを忘れないその足でクリニックに向かい、処方を受けることにしました。
住み慣れた土地から遠く離れたこの場所で初めてのクリニックに通うのは、経験者と言えども流石に勇気が要りました。
受け付けを経て案内されたその先で悩みに耳を傾けてくれた先生は、初老で一見すると頑固そうなイメージが第一印象でした。

大阪のある薬局で50代ぐらいのおばさんが、おそらく「バイクリア(目薬)ください」と言おうとしたのだろう。しかしそれを言い間違えて「バイアグラくださいといっていた」その瞬間、店内は凍りついていた

— 思わず笑うぜ!_bot (@owarai4) 2018年4月18日
ただ話をしてみると案外気さくで、これまでの豊富な人生経験からか、男の悩みに共感したり良く理解してくれる様子です。
お陰で当時の体の状態や精神面、それに仕事の悩みなども打ち明けて楽になれました。
先生は肩の力を抜いてもう少し楽に生きた方が良いと言い、優しい説教混じりの人生のアドバイスを行いながらバイアグラを処方してくれました。
そのバイアグラは後に大阪での生活において、一種の心の支えとなるお守りになっています。
ただしいくら優しい人に出会えたり、強力かつ頼れる薬が処方されたとしても、やはり精神的にプライドが傷付いていたのも事実です。
暫くはストレスを減らす生活を心掛け、トラウマとも呼べる苦い経験を思い出さないようにしていました。
気持ちの面で相談できたこともあってか、やがて肩の強張りが減って頭や体が楽になりました。

ストレスで男性機能に問題が生じました | バイアグラを使用するタイミング

大阪 バイアグラ / たにまちクリニック